Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀

北越銀行は、一部定期預金に関する印鑑届を紛失したことを明らかにした。

同行によれば、定期預金のマル優申込書、総合課税告知書、非課税告知書として代用している通帳式定期預金の印鑑届、合計1158件が所在不明になっているという。

氏名、住所、電話番号、生年月日、勤務先、口座番号、預入金額のほか、62件については印影も含まれる。

2018年度に2店舗で帳票の紛失事故が発生したことを受け、2019年1月から3月にかけて全店の保管状況を点検したところ、紛失が判明した。

同行では、分離課税扱いの定期預金については印鑑届の保管を不要としており、今回紛失が明らかになった印鑑届についても、同様に保管が不要であると従業員が勘違いして、廃棄した可能性が高いと説明。

紛失した情報の不正利用などの報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
メンテナンス中に本人確認資料画像データを誤消去 - 琉球銀
淀川河川公園施設予約サイトのテストサーバで不正通信 - 個人情報流出か
個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - 北海道銀
合併金融機関との口座番号対照表を紛失 - 武蔵野銀
個情委、公金受取口座の誤登録問題でデジタル庁に行政指導
配当金計算書で封入ミスが発生した可能性 - THK
顧客情報記載の伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 佐賀銀
不妊治療費助成申請書など紛失、助成金支給が遅延 - 大阪市
従業員が顧客データベースを私的利用 - 北都銀