Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動

同氏は「自衛隊関係者だけで議論するなら市ヶ谷でやればよいが、もっと幅広い人間を巻き込み、サイバー戦が安全保障上、重要である認識を広めることを目指している」と述べた。

さらに「防衛というと機密事項も多く、議論ができない部分もあるが、防衛省とも相談しながら、できる範囲で進めていきたい(同氏)」と続けた。一部講演に参加者を制限する「クリアランス」を設けるといった方法も検討するという。

防衛面からセキュリティを語られる機会も増えている。政治と結びついたサイバー空間における脅威動向はもちろん、米政府はいち早く「NIST SP 800-171」を義務化しており、日本の防衛装備庁においても調達の課題が生じている。

くわえて「サイバー戦」に関する国際法を含む法律上の問題、世論を誘導するフェイクニュース、「AI」や「IoT」とった最新技術との関係性など、トピックも幅広い。同イベントにおいて次回取り上げるテーマが注目される。

(Security NEXT - 2019/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
「Exchange Server」の既知脆弱性がAPT攻撃の標的に
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも