Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳

情報処理推進機構(IPA)は、4月に実施した「情報処理安全確保支援士」の国家資格における合格者を発表した。

「情報処理安全確保支援士制度(RISS)」は、セキュリティ対策の技能や知識を備えた人材を確保する目的で設けられた国家資格。通称は「登録情報セキュリティスペシャリスト(登録セキスペ)」。

同機構では、4月21日に2019年度の春期試験を実施。応募者は2万2175人で受験者は1万4556人。2744人が合格し、合格率は18.9%だった。

合格者は同機構に申請し、登録を受けることによって、情報処理安全確保支援士の資格を取得することができる。次回10月1日の登録については、受付期限が8月15日となっている。

(Security NEXT - 2019/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性