Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳

情報処理推進機構(IPA)は、4月に実施した「情報処理安全確保支援士」の国家資格における合格者を発表した。

「情報処理安全確保支援士制度(RISS)」は、セキュリティ対策の技能や知識を備えた人材を確保する目的で設けられた国家資格。通称は「登録情報セキュリティスペシャリスト(登録セキスペ)」。

同機構では、4月21日に2019年度の春期試験を実施。応募者は2万2175人で受験者は1万4556人。2744人が合格し、合格率は18.9%だった。

合格者は同機構に申請し、登録を受けることによって、情報処理安全確保支援士の資格を取得することができる。次回10月1日の登録については、受付期限が8月15日となっている。

(Security NEXT - 2019/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出