Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG

KPMGコンサルティングは、ブランドを毀損するおそれがあるインターネット上のリスクを検知し、対処を支援する「サイバーブランドリスク対処支援サービス」を提供開始した。

同サービスは、同社の解析エンジンで、ダークウェブを含むさまざまなソースをモニタリングし、ブランドイメージを毀損するおそれのあるリスクを検知、対応をサポートするもの。委託先や仕入先、投資先、M&Aのデューデリジェンスなどに活用できる。

ブランドを悪用した偽サイト、悪質なeコマースサイトにおける自社製品の掲載、役員のなりすまし、流出した個人情報の流通などに対応。評価についてレポートするほか、緊急性が高い場合は、情報を即時提供。ベンダーとの連携によるテイクダウンも支援する。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール