Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も

NTTドコモになりすましたショートメッセージによるフィッシング攻撃が発生している。スマートデバイス上で公式メッセージと同じスレッド上に悪意あるSMSが表示されるケースもあり、同社では注意を呼びかけている。

SMSを利用した「フィッシング」、いわゆる「スミッシング」により、偽サイトへ誘導。同社が提供する「dアカウント」のIDやパスワード、クレジットカード情報をだまし取る攻撃が確認されたもの。

問題のメッセージは、「キャリア決済が不正に利用された」「dカードが不正利用された」「dアカウントが異常ログインされた」などと不安を煽る内容で、二段階認証や本人認証、検証などを口実に偽サイトへ誘導しようとしていた。

さらにフィッシングSMSは、送信元を公式SMSと全く同じ「NTT DOCOMO」などと名乗っており、スマートデバイス上では、なりすましのメッセージが正規のメッセージと同じスレッド上に表示されるおそれがあるという。

同社では、不安を煽るような内容のメッセージに関しては、フィッシングである可能性を疑うよう求め、アクセス前にURLが正規サイトか確認するよう呼びかけている。

20190619_nd_001.jpg
偽メッセージと正規メッセージが同じスレッド上に表示されるケースも(画像:NTTドコモ)

(Security NEXT - 2019/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール