Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集

情報処理推進機構(IPA)は、若年層を対象とした啓発イベント「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール2019」の作品募集を7月1日より開始する。

同コンクールは、セキュリティの啓発や情報モラルの向上を目的に、小中高生から標語やポスターなどの作品を募集するもの。2006年から実施しており、今回で第15回目を迎える。

作品は、「標語」「ポスター」「4コマ漫画」のほか、小学生については「書写」についても募集。また同コンクールを活用した教育に取り組む学校について「活動事例」も募集する。

作品の募集期間は、7月1日から9月13日までで、学校経由で応募を受け付ける。応募作品の著作権や知的財産権、二次使用の権限は無期限でIPAに帰属するという。詳細は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
「サイバーセキュリティ月間」が開始、マクロスとタイアップ - 「おぼえていますか」と対策をアピール
「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委