Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向

スマートデバイスを狙い、オンラインバンキングのアカウント情報などを窃取するマルウェアが1年間で1.5倍に増加した。

Kasperskyによれば、2019年第1四半期に同社が検知したスマートデバイスを狙ったマルウェアパッケージは90万5174件。前四半期から9万5845件減となった。

統計にはマルウェア以外にも潜在的に望まれない迷惑アプリ「PUA」が含まれており、「PUA」にあたるリスクツールが全体の29.8%を占める。次いで、他マルウェアをダウンロードするドロッパーが24.9%、アドウェアが16.8%で続いた。特にドロッパーは、前四半期の11.0%から14ポイント近く上昇している。

また全体に対する割合が少ないものの、スマートデバイスを狙った不正送金マルウェアが活発な動きを見せている。2018年第4四半期の1.9%から同四半期には3.2%に拡大している。

(Security NEXT - 2019/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増