Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供

「Windows」のリモートデスクトップにおいて、ロック画面の認証をバイパスされるおそれがある脆弱性が明らかとなった。修正プログラムは用意されていない。

「Windows 10 1803」「Windows Server 2019」のリモートデスクトップで「ネットワークレベル認証(NLA)」を利用している場合に、リモート端末側でのロック画面における認証が回避される脆弱性「CVE-2019-9510」が明らかとなったもの。

ネットワークの異常などによってRDPセッションが一時的に切断され、自動的に再接続された際、リモート端末側の状態に関係なく、ロック画面が解除された状態で復元され、画面認証がバイパスされるという。

攻撃者がリモートアクセス元の端末を操作できる場合、わざとセッションを一時的に切断させることで、ロック画面をバイパスしてログオン後の端末にアクセスすることが可能となる。

(Security NEXT - 2019/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請