Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供

二要素認証を実現する「Duo Security MFA」を利用している場合も同様にロック画面を回避でき、ほかの二要素認証を利用している場合も影響を受ける可能性があるという。

脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムは用意されていない。

セキュリティ機関では、緩和策としてRDPによるアクセスを利用している場合、ローカルシステム側で画面をロックすることや、RDPセッションを完全に切断することなどをアナウンスしている。

(Security NEXT - 2019/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用