Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにヒープバッファーフローなど複数の脆弱性 - アップデートが公開

PHPの開発チームは、最新版となる「PHP 7.3.6」「同7.2.19」「同7.1.30」をリリースした。

いずれもセキュリティアップデートと位置付けており、「同7.3.6」「同7.2.19」に関しては、セキュリティ以外のマイナーな修正も含まれる。

今回のアップデートにおいて、CVE番号が割り当てられている脆弱性は3件。特定関数におけるヒープバッファーフローの脆弱性「CVE-2019-11040」に対応した。

さらに特定関数において初期化されない脆弱性「CVE-2019-11038」や域外のメモリを読み込む脆弱性「CVE-2019-11039」を修正している。

開発チームでは、各系統の利用者に対し、最新版へのアップデートを推奨している。

(Security NEXT - 2019/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性