Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社

警察、個人情報保護委員会に対する報告や、対象となる会員への通知は、事態を公表した2018年に実施済みだという。

今回の不正アクセスについて、同社は脆弱性を突かれたことが原因であると説明。問題が発覚した経緯やパスワードにおけるハッシュ化などの状態、外部で確認された情報以外が情報流出している可能性など、本誌の取材に対してはいずれもコメントを避けた。

同社は今回の問題について、調査にもとづく公式発表はウェブサイトを通じて行うとしており、必要に応じて更新するとしているが、現時点で追加の発表を行う予定はないという。

不正アクセスを受けた「動画でチェック! 乳腺エコー/運動器関節エコー」については脆弱性を解消したとして再開。公式サイトについてはリニューアル後にログイン機能を再開するとしている。

(Security NEXT - 2019/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
メール機器に脆弱性、約7カ月半にわたり侵害 - 教職員支援機構
「Ivanti Connect Secure」のゼロデイ脆弱性、侵害状況の確認を
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
複数サイトに攻撃、DBのテーブル名を取得された痕跡 - 紀伊國屋書店
千葉県青少年自然の家に不正アクセス - 2021年の脆弱性が未修正
ワイン通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性