Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「気軽さ」と「不安」で誘導するフィッシング攻撃

JCBカードの会員専用ウェブサービス「MyJCB」をかたるフィッシング攻撃が確認された。「気軽さ」をアピールするものと、「不安を煽る」ものの傾向が異なる2種類のフィッシングメールが用いられていた。

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、フィッシングメールは、「JCBカードのパスワード確認」「詳細情報が必要」などの件名で送信されており、メールの本文にあるリンクから偽サイトへ誘導している。

HTMLメールを用いており、メール文面上の記載と実際の誘導先が異なるほか、誘導先からさらに別のURLへ転送されるしくみだった。

メールの文面は2種類が確認されており、ひとつは「カードを保護するためにJCBカードのパスワードを確認してください」などと説明。

「このステップは1〜3分で終わります」などと手軽に作業が行えることを太字で大きめのフォントを用いてアピール。偽サイトへ誘導し、アカウント情報やクレジットカード情報をだまし取ろうとしていた。

20190604_ap_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2019/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
「mixi」をかたるフィッシング - 「アカウントの使用を制限」とだます
感染増加に便乗? 「偽コロナワクチンナビ」が再来
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも
「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま
「出前館」のフィッシング攻撃に注意 - 「自動退会処理」と不安煽る手口
「Suicaのオートチャージが無効」と不安煽るフィッシング