Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホビーショップでクレカ情報流出 - 委託先のログ削除で被害範囲特定できず

フィギュアやゲームなどホビー商品の販売、買い取りなどを展開するジャングルは、不正アクセスを受け、通信販売を利用した顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、顧客情報を保存していたサーバが不正アクセスを受け、同社通販でクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報が、流出したことが判明したもの。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

実際の対象となる期間や件数はフォレンジック調査で特定に至らず、クレジットカード会社と協議。被害の発生状況をもとに2017年5月2日から2018年11月6日にかけてクレジットカード決済で利用された2507件を対象と決定した。

同社では、2018年11月6日にクレジットカード会社より情報流出に関する指摘を受け、通販サイトを停止して調査を実施していた。

同社ではサーバ内にクレジットカード情報を保存していないとの認識だったが、委託先からの報告で退職済みの前任者が担当した部分にクレジットカード情報と見られる情報が保存されていたことが判明。さらに情報流出につながる脆弱性も存在していたことが明らかになった。

(Security NEXT - 2019/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出