Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社

医師のメールアカウントが不正アクセスを受けた問題で、東京都保健医療公社は同医師をかたる悪意あるメールの特徴を公開し、注意を呼びかけた。

多摩北部医療センターの医師が利用するメールアカウントが不正アクセスを受け、個人情報の流出や医師になりすました第三者によるメール送信などが確認されたもの。端末がマルウェアに感染した可能性も含め、同法人では原因や経緯、被害の状況など詳細について調査を進めている。

また今回の不正アクセスでは、医師を装ったメールが送信されていることから、5月24日の時点で確認されているメールの特徴を公開。あらためて注意を喚起した。

現在確認されているメールでは、メールヘッダの差出人に医師の氏名を記載。一方メールアドレスのドメインは、同法人以外のドメインが用いられていた。メールアドレスはメールごとに変更されているという。

(Security NEXT - 2019/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - バイク修理業者
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社