Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay

PayPayは、クレジットカードにおける不正取引の発生状況について公表した。1%弱あった不正取引が3Dセキュアの導入後に300分の1以下に縮小したという。

不正発生率は、期間中の決済件数に対して、クレジットカード会社が不正利用の売り上げを取り消しにする「チャージバック件数」の割合で算出。

同社によれば、2018年12月4日から13日に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」期間中の不正発生率は0.996%だった。

対策として同社は2019年1月に本人認証サービス「3Dセキュア」を導入。導入後は不正発生率が0.003%に減少した。さらに2月12日から実施した「第2弾100億円キャンペーン」では0.0004%に縮小したという。

20190523_pp_001.jpg
PayPayにおけるクレジットカードの不正発生率(表:PayPay)

(Security NEXT - 2019/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
クレカ不正利用被害、2022年3Qは102.7億円 - 前四半期比3.5%減
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
JIPDEC、ECサイト関連事業者にセキュ対策徹底を呼びかけ - 啓発セミナーも開催