Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ

Intelのプロセッサにおいて、情報漏洩が生じる「マイクロアーキテクチャデータサンプリング(MDS)」の脆弱性が明らかとなったことを受け、OSベンダーからも注意喚起が行われている。

問題の脆弱性は、サイドチャネル攻撃により、プロセッサの投機的実行において情報漏洩が生じるおそれがあるもので、4件の脆弱性「CVE-2018-12126」「CVE-2018-12130」「CVE-2018-12127」「CVE-2019-11091」があらたに判明した。

脆弱性の悪用はローカル環境に限定されるものの、複数の仮想マシンをホストしている環境では、無関係の仮想マシン間で不正にデータを取得される可能性がある。5月14日の時点で悪用の報告はない。

脆弱性の判明を受け、マイクロソフトでは5月の月例セキュリティ更新のリリースにあわせ、アドバイザリを公開した。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性