Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に

「Muhstik」は、これまでも「WebLogic Server」の脆弱性「CVE-2017-10271」を悪用しているが、今回見つかった亜種は、4月に明らかとなった「CVE-2019-2725」を悪用。外部からウェブシェルと見られるファイルをダウンロードしようとしていた。

「Muhstik」の攻撃者は、パッチの適用が広がる前に感染が拡大できるよう、「WebLogic」のほか、「WordPress」「Drupal」など脆弱性の動向に目を光らせており、積極的に悪用しているとPalo Alto Networksは指摘している。

「CVE-2017-10271」のパッチが適用されていないサーバに対しては、同マルウェア以外も、ランサムウェアの感染やマイニングプログラムのインストールなど、積極的に攻撃が展開されている。こうした動きがさらに今後加速するおそれがあるとして同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加