Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に

「Oracle WebLogic Server」に深刻な脆弱性が明らかとなった問題で、脆弱性を利用して感染を広げるボットネットが同脆弱性についても標的に組み入れたことがわかった。

Palo Alto Networksによると、4月28日に観測したLinuxベースのボットネット「Muhstik」のあたらしい亜種が、リモートよりコードの実行が可能となる「WebLogic Server」の脆弱性「CVE-2019-2725」を悪用していることが判明したという。

Muhstik」は、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に明らかとなり、別名「Drupalgeddon 2.0」とも呼ばれる脆弱性「CVE-2018-7600」を悪用したことで知られるボットネット。

「Tsunami」を起源とし、バイナリファイルの名称やIRCチャンネルから「Muhstik」と名付けられた。ワームとして感染を拡大するほか、他マルウェアをインストールしたり、DDoS攻撃などに悪用されていると見られる。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中