Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に

4月に深刻な脆弱性が判明し、急遽アップデートがリリースされた「Oracle WebLogic Server」が、ランサムウェアの標的となっている。

問題の脆弱性は、リモートより認証なしにコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-2725」。4月26日にアップデートがリリースされている

Rapid7によると、実証(PoC)コード公開より数日経過した4月25日ごろより攻撃の増加を観測。仮想通貨を発掘する「マイニングプログラム」のほか、ランサムウェアの実行を試みる内容だったという。

またCisco Systemsでは、少なくとも4月17日ごろより攻撃者は脆弱性を悪用しており、ランサムウェア「Sodinokibi」の亜種による活動を4月25日に確認したという。

(Security NEXT - 2019/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ