Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く

日本航空(JAL)の旅客システムで一時障害が発生し、一部の便で運行に影響が出ている。

同社によれば、旅客システムで発生した不具合の影響により、8日朝より各地を発着する運航便において欠航や遅延が発生したもの。

システムはすでに復旧しているが、運航ダイヤは乱れており、8日いっぱいは一部の便が遅延するなど影響が続くという。

同社では、8日にJALグループの国内線を利用する顧客に対し、手数料を取らず搭乗予定便の振り替えまたは払い戻しを行うとしている。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
不正アクセスで運航情報管理システムの情報が流出か - 成田国際空港
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に