Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か

東南アジアを中心に活動し、ベトナム政府の関与が疑われる攻撃グループ「OceanLotus」が、日本の自動車産業を標的に攻撃を展開していることがわかった。

「OceanLotus」は、ベトナム周辺国や、製造業をはじめ、同国でビジネスを展開する企業や組織などを標的に活動を展開することで知られるAPTグループ。ベトナム政府の関与なども疑われている。

同グループは少なくとも2014年ごろより活動していると見られ、「APT32」「APT-C-00」「SeaLotus」「Cobalt Kitty」といった別名でも知られる。

今回、攻撃に関連する情報を公開したマクニカネットワークスによると、2018年秋ごろから複数の自動車関連企業の東南アジア拠点で同グループが関与したと見られる攻撃が観測されているという。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0