Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か

東南アジアを中心に活動し、ベトナム政府の関与が疑われる攻撃グループ「OceanLotus」が、日本の自動車産業を標的に攻撃を展開していることがわかった。

「OceanLotus」は、ベトナム周辺国や、製造業をはじめ、同国でビジネスを展開する企業や組織などを標的に活動を展開することで知られるAPTグループ。ベトナム政府の関与なども疑われている。

同グループは少なくとも2014年ごろより活動していると見られ、「APT32」「APT-C-00」「SeaLotus」「Cobalt Kitty」といった別名でも知られる。

今回、攻撃に関連する情報を公開したマクニカネットワークスによると、2018年秋ごろから複数の自動車関連企業の東南アジア拠点で同グループが関与したと見られる攻撃が観測されているという。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース