Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か

東南アジアを中心に活動し、ベトナム政府の関与が疑われる攻撃グループ「OceanLotus」が、日本の自動車産業を標的に攻撃を展開していることがわかった。

「OceanLotus」は、ベトナム周辺国や、製造業をはじめ、同国でビジネスを展開する企業や組織などを標的に活動を展開することで知られるAPTグループ。ベトナム政府の関与なども疑われている。

同グループは少なくとも2014年ごろより活動していると見られ、「APT32」「APT-C-00」「SeaLotus」「Cobalt Kitty」といった別名でも知られる。

今回、攻撃に関連する情報を公開したマクニカネットワークスによると、2018年秋ごろから複数の自動車関連企業の東南アジア拠点で同グループが関与したと見られる攻撃が観測されているという。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に
都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ
Adobe、「Adobe Media Encoder」など5製品向けにアップデートを公開
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話