Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響

「Apache HTTP Server」に権限昇格の脆弱性が見つかった問題で、すでに実証コードが出回っており、共有ホスティングサーバなどに大きな影響を及ぼすおそれがあるとして注意が呼びかけられている。

「Apache HTTP Server 2.4.39」において修正された権限昇格の脆弱性「CVE-2019-0211」についてソフトバンク・テクノロジーが検証を実施し、注意喚起を行ったもの。同脆弱性に関しては、すでにGitHubなどに「実証コード」が公開されている。

同脆弱性は、子プロセスに対する境界値のチェックに問題があり、親プロセスが持つ権限への昇格が可能となるもの。運用環境によっては、ファイルのアップロード権限などを持つユーザーによって、管理者権限を奪われるおそれがある。

同社は、共有ホスティングサービスなどで脆弱性を悪用されると、他ユーザーが侵害されるおそれがあると指摘。実証コードが出回っており、容易に悪用が可能であるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開