Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正

Apache HTTP Server Projectは、6件の脆弱性に対処した「Apache HTTP Server 2.4.39」を公開した。

今回のアップデートは、より高い権限でコードを実行されるおそれがある「CVE-2019-0211」など、6件の脆弱性を修正したもの。

「CVE-2019-0211」にくわえ、Digest認証において別のユーザーで認証されるおそれがある「CVE-2019-0217」、クライアント証明書によるアクセス制御をバイパスされるおそれがある「CVE-2019-0215」については、脆弱性の重要度が4段階中2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

そのほか、脆弱性の重要度が4段階中もっとも低い「低(Low)」とされる3件の脆弱性「CVE-2019-0196」「CVE-2019-0197」「CVE-2019-0220」を修正した。

(Security NEXT - 2019/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ