Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も

岩手県にあるワイン醸造所のエーデルワインが運営するオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。有効性を確認するために入力された情報も多く含まれるとしている。

同社によれば、同社が運営する「エーデルワインオンラインショップ」が不正アクセスを受けたもの。同サイトはすでに停止している。

2015年7月8日から2018年8月5日までに同サイトでクレジットカード決済のために入力された会員情報3万1231件が流出した可能性があるという。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

2018年9月28日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、外部事業者による調査により、不正アクセスを受け、情報が流出した可能性があることを同年10月31日に確認した。脆弱性を突いた不正アクセスと見られている。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性