Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映

スポーツ専門のテレビチャンネル「J SPORTS」のオンデマンドサイトに不具合があり、情報が流出した問題で、顧客が更新したクレジットカード情報が、別の顧客のデータに反映される不具合も発生していたことがわかった。

同サイトにおいてキャッシュ処理に問題があり、3月27日5時半から28日正午ごろにかけてセッションの重複が生じたもの。

氏名やクレジットカード番号の下4桁などが別の顧客から閲覧できたほか、本人以外による商品の購入や解約などが発生するなど、同じ時間帯に同サイトへログインした一部顧客が影響を受けた。

同サイトを運営するジェイ・スポーツでは、これまで対象となる時間帯に2425件のログインが行われたことを明らかにしていたが、その後の調査で、最大344人の個人情報が流出した可能性があることが判明。あわせて意図しない商品の購入3件、解約5件を確認した。

(Security NEXT - 2019/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール