Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。開発チームはアップデートをリリースしている。

サービスIDのチェックに問題があり、リモートより任意のコードを実行されるおそれがある「CVE-2019-10910」や、細工した「Cookie」によりなりすましが可能となる「CVE-2019-10911」が判明。

またPHPテンプレートエンジンにおける「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2019-10909」、HTTPメソッドにおける検証不備の脆弱性「CVE-2019-10913」、入力値の検証が不十分である「CVE-2019-10912」などあわせて5件の脆弱性が明らかとなった。

開発チームでは、これら脆弱性を修正した「同4.2.7」「同4.1.12」「同3.4.26」「同2.8.50」「同2.7.51」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クリプトマイナーの感染攻撃に「Spring4Shell」を悪用
「Spring4Shell」狙う攻撃が発生 - ボット「Mirai」感染活動に悪用
自動化ツールによる短期間のペネトレーションテストサービスを提供 - ラック
VMwareのIDアクセス管理製品に複数の深刻な脆弱性
「Spring4Shell」、一部Cisco製品に影響 - 調査中の製品も
「Apache Tomcat」のアップデートが公開 - 「Spring4Shell」対策も
「VMware Tanzu」向けにアップデート - 「Spring4Shell」の影響で
「Spring Core」にゼロデイ脆弱性「Spring4Shell」の指摘
「Spring4Shell」を修正したアップデートが公開 - 詳細明らかに
行政の共通認証「GビズID」、「Spring4Shell」の影響なし