Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。開発チームはアップデートをリリースしている。

サービスIDのチェックに問題があり、リモートより任意のコードを実行されるおそれがある「CVE-2019-10910」や、細工した「Cookie」によりなりすましが可能となる「CVE-2019-10911」が判明。

またPHPテンプレートエンジンにおける「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2019-10909」、HTTPメソッドにおける検証不備の脆弱性「CVE-2019-10913」、入力値の検証が不十分である「CVE-2019-10912」などあわせて5件の脆弱性が明らかとなった。

開発チームでは、これら脆弱性を修正した「同4.2.7」「同4.1.12」「同3.4.26」「同2.8.50」「同2.7.51」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイクロサービスを構築するフレームワーク「Spin」に脆弱性
AIアプリの構築に活用される「BentoML」に深刻な脆弱性
「Flask App Builder」に脆弱性 - 「OpenID 2.0」使用時に影響
「Google Pixel」や「SureLine OS」の脆弱性悪用に注意喚起 - 米当局
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
macOS版「Evernote」にRCE脆弱性 - 「Electronアプリ」の問題に起因
ウェブフレームワーク「Laravel」の既知脆弱性、攻撃の標的に
「Apache InLong」に複数の脆弱性 - アップデートを
「Apache Dubbo」に複数の脆弱性 - 最新版へ更新を
「生成AI」の出力コードに過信は禁物 - 安全性の確認を