Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン

コード決済サービスにおいて、アカウント作成時やクレジットカード情報の登録、決済利用、決済後の各フェーズにおける対策を検討。本人確認やモニタリングの強化など盛り込んだ。

同ガイドラインは、同協議会のウェブサイト上から参照することが可能。同協議会では、引き続き今後も不正利用の防止策について検討を重ねていくという。

20190417_cl_002.jpg
「コード決済における不正流出したクレジットカード番号等の不正利用防止対策に関するガイドライン」の目次(一部)

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PayPayで加盟店情報など最大約2008万件が流出の可能性 - アクセス権限の設定不備で
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
セブンのバーコード決済など一時障害 - ネットワーク設定不備で
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「PayPay」装うフィッシング - 電子署名説明URLでも偽サイト誘導
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
PayPay、不正行為対策で補償制度 - 利用者や加盟店の不安払拭目指す