Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ

「Internet Explorer」に、端末内の情報収集に悪用されるおそれがある脆弱性が指摘されている。修正の予定はなく、実証(PoC)コードが公開されている。

セキュリティ研究者のJohn Page氏が、「Internet Explorer」におけるXML外部実体参照処理(XXE)の脆弱性を指摘したもの。

同氏によれば、問題の脆弱性は拡張子が「MHT」で、ウェブページを保存する際に利用する「MHTMLファイル」の処理に存在。細工された「MHTMLファイル」を開くと、「XXE攻撃」により端末内のファイルに関する情報を窃取されるおそれがある。

通常、ファイル内に埋め込まれた「ActiveXオブジェクト」を実行する際は、ブロックされて有効化を尋ねるアラートが表示されるが、「MHTMLファイル」では警告なしに実行されてしまい、外部との通信などが行われるという。

(Security NEXT - 2019/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処