Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、「安全なデータ利活用に向けた準備状況及び課題認識に関する調査」を実施し、報告書を取りまとめた。

同調査は、企業におけるデータ利活用の実態と課題認識などを明らかにする目的で実施したもの。アンケートとインタビューを実施した。

アンケート調査では、東証一部、二部、マザーズへ上場する281社を対象に、2018年11月16日から12月18日にかけて郵送による調査を実施。

事業方針におけるデータ利活用の位置付け、データの取得や他社への提供、共有の実態、データ利活用におけるパブリッククラウドの利用、他社のシステムと連携したデータ利活用、安全なデータ利活用に関する課題や対策などについて調査している。

インタビュー調査は、データ利活用に取り組む企業と有識者19者を対象に、2018年11月1日から2019年2月22日まで実施。自社におけるデータ利活用の実態や課題のほか、データ取引プラットフォームを運営する企業に対し、プラットフォームからのデータ漏洩対策などについて聞いた。

同報告書は、同機構のウェブサイトから簡単なアンケートに回答することで入手できる。

(Security NEXT - 2019/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
クラウドのセキュリティ責任共有モデルをテーマにセミナー開催 - DBSC
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染