Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム

パロアルトネットワークスは、ログデータを蓄積し、それらを利用した機械学習ベースのセキュリティアプリケーションを開発できるオープンプラットフォーム「Cortex」を発表した。

同プラットフォームは、ネットワーク、エンドポイントなどから収集したたログデータをクラウド上に保管する「Cortex Data Lake」をはじめ、それらデータや機械学習を用いたアプリケーションの開発環境を提供するもの。「Google Cloud Platform」上に構築されており、環境にあわせてスケーラブルに利用できる。

サードパーティ製アプリやユーザー自らが開発したアプリを利用できるほか、同社が開発した「Cortex XDR」を提供。同アプリでは、収集されたログを分析して脅威や異常を検出し、同社製ファイアウォールやエンドポイント製品との連携を実現する。

さらに「Cortex」におけるエンドポイントのセンサーとしても動作する同社エンドポイント対策製品「Traps」の新版「同6.0」をあわせてリリース。同製品では、振る舞い検知型エンジンを追加し、ファイルレス攻撃などへの対応を強化したほか、一連のイベントを関連付けて悪意あるアクティビティを特定することが可能となる。

(Security NEXT - 2019/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も