Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、WAF導入時に検討すべき項目を整理

情報処理推進機構(IPA)は、「ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)」の導入や見直し時に検討すべき項目を整理した資料を公開した。

従来より提供している「Web Application Firewall読本」の補足資料として、「Web Application Firewallの導入に向けた検討項目」を公開したもの。

「WAF」をアプライアンス、ソフトウェア、サービスに分類。コストや導入のしやすさ、設定の自由度などなど、選択する際の項目を整理し、適切に運用するために必要となる体制などを説明した。

同機構では、「WAFを導入すればすべての攻撃が防御できる」との誤解もあるが、実際は定義ファイルのアップデートなど適切に運用する必要があると指摘。正しい理解のもと、「WAF」を活用するよう呼びかけている。

同資料は「Web Application Firewall読本」とあわせて同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
NECのソフトェアWAFに脆弱性 - 権限昇格に悪用されるおそれ
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD