Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性

トヨタ自動車は、販売子会社のネットワークが不正アクセスを受け、サーバに保存されていた顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、販売会社8社のネットワークが不正アクセスを受け、サーバに保存されていた顧客情報最大310万件が外部に流出した可能性があることが、3月21日に判明したもの。

対象となる販売会社は、同社の子会社であるトヨタ東京販売ホールディングスの傘下にある東京トヨタ自動車、東京トヨペット、トヨタ東京カローラ、ネッツトヨタ東京、トヨタメトロジックの5社およびレクサス小石川販売、ジャミール商事(レクサス練馬)、トヨタ西東京カローラの合計8社。

同社では、詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2019/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令