Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性

トヨタ自動車は、販売子会社のネットワークが不正アクセスを受け、サーバに保存されていた顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、販売会社8社のネットワークが不正アクセスを受け、サーバに保存されていた顧客情報最大310万件が外部に流出した可能性があることが、3月21日に判明したもの。

対象となる販売会社は、同社の子会社であるトヨタ東京販売ホールディングスの傘下にある東京トヨタ自動車、東京トヨペット、トヨタ東京カローラ、ネッツトヨタ東京、トヨタメトロジックの5社およびレクサス小石川販売、ジャミール商事(レクサス練馬)、トヨタ西東京カローラの合計8社。

同社では、詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2019/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず