Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大

横浜市立大学は、職員採用式を案内するメールにおいて送信ミスがあったことを公表した。

同大によれば、3月8日11時前に事務職の内定者6人、11時半ごろ医療技術職の内定者22人に対して送信したメールで、ミスが発生したという。

それぞれのメールで送信先を誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。そのうち3人ついては氏名も含まれる。

送信後、別の職員が誤送信に気付いたことで判明。同日中に対象者へ謝罪のメールを送信し、誤送信したメールの削除を依頼。あわせて電話でも謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜