Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大

横浜市立大学は、職員採用式を案内するメールにおいて送信ミスがあったことを公表した。

同大によれば、3月8日11時前に事務職の内定者6人、11時半ごろ医療技術職の内定者22人に対して送信したメールで、ミスが発生したという。

それぞれのメールで送信先を誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。そのうち3人ついては氏名も含まれる。

送信後、別の職員が誤送信に気付いたことで判明。同日中に対象者へ謝罪のメールを送信し、誤送信したメールの削除を依頼。あわせて電話でも謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター