Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再エネ事業者への出力制御指示メールが迷惑判定で未達に - 九電

九州電力において、再生可能エネルギー事業者に対して電力の出力制御を指示するメールが、一部迷惑メールとして処理され、配信されないトラブルが発生したことがわかった。

再生エネルギーの接続量が増加しており、発電と消費における電力の需給バランスを維持するため、同社では2018年秋より再生エネルギー事業者に対し、必要に応じて出力制御の指示を実施しているが、3月16日16時より873の発電所に対して配信した「前日指令」のメールの一部において、配信されないトラブルが発生した。

同社では、セキュリティ対策サービスの「迷惑メール駆除機能」を経由して翌日の出力制御を指示するメールを配信していたが、同日は同サービスが迷惑メールと判定し、配信が途中で停止したという。同社は同日夕方以降、メールが届かない事業者に対し、電話で個別に指示を行った。

配信中に、セキュリティ対策サービス側でメンテナンスを実施していたことがわかっているが、因果関係は不明。同社では詳しい原因について、セキュリティ事業者と連携して調査を進めている。

当面同社では、セキュリティ対策サービスを経由せずメールを配信するよう設定を変更。メールの配信テストを実施し、動作確認を行ったという。

(Security NEXT - 2019/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる