Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インボイス対応時に上下水道検針データを誤消去 - 滑川市

富山県滑川市は、一部地域における8月分の上下水道検針データを誤って消去したことを明らかにした。

同市によれば、インボイス制度の導入にともない、検針票を印刷するための検針機における設定を変更していたところ、8月分の検針済みデータの一部を誤って消去したもの。

対象となるのは、神家町、高月南台、高塚、荒俣、浜四ツ屋、柴、小林、寺町、上梅沢、デイズイン上梅沢、上小泉団地のあわせて989件。

同市では、5月から7月の水量の平均値を8月の検針データとして上下水道料金を算出して請求する。また、9月の検針データと比べて8月の推定値が過大であった場合には、使用水量を調整し対応するとしている。

(Security NEXT - 2023/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業
外来受診者の一部名簿が所在不明に - ちば県民保健予防財団