Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS

GRCSは、社内のリスク管理を支援するサービス「GRCアウトソーシング」を提供開始した。

同サービスは、インシデントや委託先の管理を代行するアウトソーシングサービス。同社のクラウドサービス利用者向けに提供する。

インシデント管理では、社内で発生したインシデントの登録と分析を行うほか、インシデント発生状況についてレポートを作成する。

委託先管理では、外部委託先に対してセキュリティに関する定期的なヒアリングを実施。監査状況のレポートを提供する。また委託契約前のスクリーニングチェックや契約後のモニタリングなど、委託先管理業務全般も支援する。

料金は、基本契約が月額10万8000円から。インシデント管理と委託先管理は、1カ月あたりのインシデント件数や、対象となる委託先数に応じた課金となる。

(Security NEXT - 2019/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス