Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが新元号対応を説明、API連携などにも注意喚起 - 危険な実装例も

日本マイクロソフトは、5月1日に控えた改元にあたり、月例の更新プログラムを通して新元号対応するとし、事前準備などを呼びかけている。また利用者の環境で独自の実装を行っている場合、更新プログラムでは対応できずに影響を受けるおそれがあるとして注意を喚起した。

同社における新元号への取り組みを明らかにするとともに、トラブルを避けるため、事前準備などを呼びかけたもの。

同社では「Windows」「Office」「.NET Framework」において、一部仕様の見直しなど段階的に準備を進めているが、最終的には月例の更新プログラムで対応する予定。

同社は事前準備として、システムが破損していないか確認した上で、新元号の対応に向け事前に最新の更新プログラムを適用した状態にしておくことを推奨。新元号公表後には更新プログラムを適用するよう求めている。またウェブなどを通じて発信する最新情報を参照するよう求めた。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には
MS、月例パッチで脆弱性112件に対処 - 一部ゼロデイ攻撃も
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も