Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法令遵守支援の会員向けサイトに不正アクセス - 日本貸金業協会

日本貸金業協会において、会員向けサイトが不正アクセスを受け、メールアドレスやパスワードが外部へ流出したことがわかった。

同協会によれば、法令遵守やコンプライアンス体制の整備などを支援するため、会員向けに提供している「協会員専用サイト」が不正アクセスを受けたもの。

会員における「管理者」として同サイトに登録されていたメールアドレスとパスワード約1000件が流出した。セキュリティベンダーより指摘を受け、調査を行ったところ明らかになった。

2018年1月に不正アクセスによって、3度にわたりデータが抜き取られ、当時登録されていたアカウント情報969件が被害に遭った。

(Security NEXT - 2019/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - バイク修理業者
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に