Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら

日本クレジットカード協会(JCCA)は、フィッシング対策協議会と協力し、フィッシングメールの被害防止に向けた啓発キャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、政府が実施している「サイバーセキュリティ月間」の関連行事として展開するもの。フィッシング攻撃の報告件数が増加していることを受け、被害防止に向けた啓発ツールとして、ポスターや画像素材を公開した。

いずれもJCCAのウェブサイトから無料でダウンロードすることが可能。消費者への注意喚起などに活用してほしいと事業者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
金融庁、サイバーセキュリティ強化取組方針を改訂
「WordPress」関連事故の背景に知識や予算の不足
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし