Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら

日本クレジットカード協会(JCCA)は、フィッシング対策協議会と協力し、フィッシングメールの被害防止に向けた啓発キャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、政府が実施している「サイバーセキュリティ月間」の関連行事として展開するもの。フィッシング攻撃の報告件数が増加していることを受け、被害防止に向けた啓発ツールとして、ポスターや画像素材を公開した。

いずれもJCCAのウェブサイトから無料でダウンロードすることが可能。消費者への注意喚起などに活用してほしいと事業者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」にウェブ版 - 業界平均との比較も可能
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査