Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、認証サービス「ID Federation」において、「生体認証メニュー」の提供を開始した。

「ID Federation」は、1700以上のサービスに対応し、シングルサインオンや多要素認証、SNS連携によるログイン、アクセス制御などを提供するIDフェデレーションサービス。今回、FIDO連携を活用した「生体認証メニュー」を追加した。

専用アプリをスマートフォンに導入し、顔や指紋などの生体情報を登録。同アプリで認証を行うことで、FIDOによりインターネットのウェブサービスやアプリケーションへIDやパスワードを入力することなくログインが可能となる。

同社では手はじめに企業における従業員向けの認証サービスとして提供。今後はコンシューマー向けウェブサイトなどを提供する企業向けにサービスを展開していく予定。

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy