Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア

ドラッグストア「ドラッグイレブン」の通信販売サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることがわかった。クレジットカード情報を窃取する不正なプログラムも設置されたという。

同サイトを運営するJR九州ドラッグイレブンによれば、流出した可能性があるのは、メールマガジンの会員情報3万2799件や、通信販売サイトの顧客情報1447件など、最大であわせて3万4246件の個人情報。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

さらに、2016年4月12日から2018年11月8日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報458件に関しても、クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードが流出したおそれがある。

11月8日に同サイトが改ざんされていることへ気が付き、不正アクセスが判明。同月10日に事態を公表したが、当初発表ではクレジットカード情報は含まれないとしていた。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明