Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア

ドラッグストア「ドラッグイレブン」の通信販売サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることがわかった。クレジットカード情報を窃取する不正なプログラムも設置されたという。

同サイトを運営するJR九州ドラッグイレブンによれば、流出した可能性があるのは、メールマガジンの会員情報3万2799件や、通信販売サイトの顧客情報1447件など、最大であわせて3万4246件の個人情報。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

さらに、2016年4月12日から2018年11月8日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報458件に関しても、クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードが流出したおそれがある。

11月8日に同サイトが改ざんされていることへ気が付き、不正アクセスが判明。同月10日に事態を公表したが、当初発表ではクレジットカード情報は含まれないとしていた。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性