Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院

さらに6人分のデータに関しては、パスワードを設定した上で病理結果や病名など含む事後経過のデータを保存。一方、5人分の事後経過データに関しては、システムの都合上、パスワードを設定していなかった。

これらは2017年9月から2018年7月にかけて申請があり、学会発表の資料を作成するために同大医学部の研究室へ持ち出していた。医療データにはパスワードを設定することになっていたという。

同院では、関係者に対して電話や文書を通じて事情を説明し、謝罪。院内や学内に注意喚起を行い、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2019/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
FC会員情報含むUSBメモリを撮影会場で紛失 - 新日本プロレス
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町
USBメモリを紛失、暗号化済みだがPW貼付 - NEXCO西日本
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
公民館で個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 岐阜市