Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向け寄付管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中

Defiantによると同プラグインに対するゼロデイ攻撃を確認し、調査する過程で脆弱性が明らかになったという。

パッチの提供に向けて、開発者に連絡を取ろうと試みたが返事はなく、メンテナンスはすでに行われていないと見られている。

同社は、積極的な攻撃が展開される一方で明らかにサポートが行われていないとし、脆弱性の周知に向けて情報を公開したと説明。

ウェブサイトの安全を保つため、同プラグインについては無効化だけでなく、できるかぎり削除することを推奨。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ