Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も

プログラミング言語「Ruby」の普及啓発を推進する非営利団体のRubyアソシエーションは、Ruby技術者認定試験の合格者に関する個人情報が、インターネット上で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同団体によれば、Ruby技術者認定試験の電子版認定証の配布に利用しているサービス「Accredible」において、設定に問題があり、2017年5月16日以降、合格者の一覧が公開された状態になっていたもの。

1月20日23時ごろ、合格者から問い合わせがあり問題が判明。2017年4月1日以降の合格者815人の氏名とメールアドレスが閲覧可能だった。

2019年1月8日以降については、公開されたページへアクセスしたIPアドレスを確認でき、同団体と報告者によるアクセスのみ記録に残っていたという。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター