Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも

「Amazon」を装うフィッシングメールが確認されたとしてフィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

20190115_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃では、「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!」といった件名の偽メールを送付。不安を煽り、偽サイトへ誘導する手口だった。

メールの本文では、「Amazonプライム会員資格が更新を迎えるが、有効なクレジットカードが登録されていない」などと説明。誘導先で偽のログイン画面を表示してアカウント情報を詐取しようとしていた。

またメールの見だし部分は「Amazon.com」と記載する一方、本文では「Amazon.co.jp」となっていたほか、メールの件名に「Amazone」と初歩的なスペルミスが見られた。誘導先のフィッシングサイトでも「Amazone.co.jp」とブランドの綴りが誤っている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
「mixi」をかたるフィッシング - 「アカウントの使用を制限」とだます
感染増加に便乗? 「偽コロナワクチンナビ」が再来
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも
「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま
「出前館」のフィッシング攻撃に注意 - 「自動退会処理」と不安煽る手口
「Suicaのオートチャージが無効」と不安煽るフィッシング