Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ

アンラボは、スマートデバイス向けに情報保護アプリ「AhnLab PriMa」を提供開始した。価格は1台3年版で4500円。

同アプリは、AndroidやiOSを搭載した端末向けに情報の保護機能を提供するアプリ。情報を暗号化して保存する「セキュアメモ」や写真にモザイクをかける機能を備える。

またSNSにおいて不要な連携を解除する「SNSチェッカー」や、Android向けには、SMSやメッセンジャーに個人情報や危険なURLなどが含まれていないか確認できる「個人情報スキャン」を用意した。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
ウェブアプリに対する「Apache Log4j」の無償診断を期間限定提供 - ラック
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード