Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ

アンラボは、スマートデバイス向けに情報保護アプリ「AhnLab PriMa」を提供開始した。価格は1台3年版で4500円。

同アプリは、AndroidやiOSを搭載した端末向けに情報の保護機能を提供するアプリ。情報を暗号化して保存する「セキュアメモ」や写真にモザイクをかける機能を備える。

またSNSにおいて不要な連携を解除する「SNSチェッカー」や、Android向けには、SMSやメッセンジャーに個人情報や危険なURLなどが含まれていないか確認できる「個人情報スキャン」を用意した。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス