Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、代表取締役社長に元ソニックウォールの藤岡健氏

カスペルスキーは、2019年1月1日付で同社代表取締役社長に藤岡健氏が就任すると発表した。

同氏は、日本CAで執行役員副社長を務めたほか、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズやSonicWALL Japanで代表取締役社長を歴任している。

就任にあたり同氏は、同社のインテリジェンスやノウハウを活かた製品とサービスを引き続き提供すると述べ、企業としての透明性を確保しつつ、コミュニティや法執行機関と連携することでサイバー犯罪の撲滅に取り組みたいとコメントしている。

(Security NEXT - 2018/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
カスペ、社内用マルウェア解析ツールを製品化 - APTとの関連性をレポート
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ