Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー

カスペルスキーは、マルウェアの解析やダークウェブの調査など個別に対応する「Kaspersky Ask the Analystサービス」を提供開始する。

同サービスは、契約者のリクエストに応じて脅威やセキュリティに関してリサーチャーによる見解やガイダンスなどを個別に提供する法人向けサービス。

マルウェアの検体を解析し、挙動や目的などを報告したり、特定のマルウェアファミリーに関する「IoC(Indicators of Compromise)」情報などの追加提供を行うなど、インシデント対応を支援。ダークウェブでやり取りされる情報の調査などにも対応している。

また同社サービス「Kaspersky APT Intelligence Report」を契約している場合は、記載内容に対する分析など依頼することが可能。組織内で検知された脅威とレポート内容との関連性などの調査にも応じる。

チケット制サービスとなっており、2営業日から10営業日ほどでレポートを提供。リクエストの内容によっては複数回のチケットが必要となる場合がある。

1年間に利用できるチケットが5回、10回、20回の3種類をサービスのラインナップとして用意。価格は270万円から(年間利用可能チケットが5回の場合)。

(Security NEXT - 2021/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Zabbix」の延長サポートサービスを開始 - サイバートラスト
IT資産を調査、リスクを評価できるASMサービス - SST
アズジェント、攻撃対象領域の分析サービス - 1回限定で無償提供
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ
「WarpDrive」に「攻殻機動隊」の世界観でセキュリティ学べるゲーム機能
IoT製品の脆弱性監視分析サービス - NRIセキュア
MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放
「ブラックボックス診断」で問題発見時に静的診断も - Flatt Security
インシデントに備えたログ取得管理状況の調査サービス