Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ

カスペルスキーは、2021年11月から2022年10月までの1年間に検知したマルウェアの状況を取りまとめた。前年同期から約2.8倍に拡大しているという。

同社製品のクラウド基盤におけるマルウェアの検知状況を取りまとめたもの。Windowsデバイスを標的とした悪意あるファイルについては、1日あたり約32万件を検知した。85%がWindowsを標的としているという。Office形式のマルウェアは約1万5800件で、前年同期の4700件から約3.4倍に増加した。

一方、「ランサムウェア」は、1日あたり9500件を検知。前年同期の3380件から約2.8倍に拡大。「ダウンローダー」についても、1日あたり1万1000件を検知しており、前年同期4530件の約2.4倍となっている。

Androidを標的とする悪意あるファイルは、1日あたり3500件。前年同期比10%増となった。トロイの木馬「Harly」「Triada」などの活動が目立ったという。

(Security NEXT - 2022/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市