Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ

カスペルスキーは、2021年11月から2022年10月までの1年間に検知したマルウェアの状況を取りまとめた。前年同期から約2.8倍に拡大しているという。

同社製品のクラウド基盤におけるマルウェアの検知状況を取りまとめたもの。Windowsデバイスを標的とした悪意あるファイルについては、1日あたり約32万件を検知した。85%がWindowsを標的としているという。Office形式のマルウェアは約1万5800件で、前年同期の4700件から約3.4倍に増加した。

一方、「ランサムウェア」は、1日あたり9500件を検知。前年同期の3380件から約2.8倍に拡大。「ダウンローダー」についても、1日あたり1万1000件を検知しており、前年同期4530件の約2.4倍となっている。

Androidを標的とする悪意あるファイルは、1日あたり3500件。前年同期比10%増となった。トロイの木馬「Harly」「Triada」などの活動が目立ったという。

(Security NEXT - 2022/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
中学校で答案用紙などを紛失、成績には影響なし - 一宮市
地理空間データ共有OSS「GeoServer」にRCE脆弱性 - アップデートの実施を