Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大

兵庫教育大学は、事務員個人のメールアカウントが不正アクセスを受け、同アカウントへ転送していた個人情報含む業務メールが第三者に漏洩した可能性があることを明らかにした。

同大によれば、職員が大学のメールアカウントに届くメールを、学外でも確認できるよう自身のフリーのメールアカウントに自動転送させていたところ、同アカウントが不正アクセスを受けたという。

2016年4月1日から2018年10月26日までに転送されたメールが、第三者によって閲覧された可能性があり、これらメールには、学外および学内関係者1万1322人の個人情報が保存されていた。一部メールには、障害や病歴など含む個人情報が11件、パスポートの写しや金融機関の情報など含む個人情報が23件あった。

転送先のフリーメールで不正アクセスを知らせるアラート通知があり、ログイン履歴を確認したところ、不正ログインされたことが判明。今回の問題を受け、同大では対象となる関係者に謝罪している。

(Security NEXT - 2018/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
市管理サーバが迷惑メールを不正中継 - 笠間市
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大