Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大

兵庫教育大学は、事務員個人のメールアカウントが不正アクセスを受け、同アカウントへ転送していた個人情報含む業務メールが第三者に漏洩した可能性があることを明らかにした。

同大によれば、職員が大学のメールアカウントに届くメールを、学外でも確認できるよう自身のフリーのメールアカウントに自動転送させていたところ、同アカウントが不正アクセスを受けたという。

2016年4月1日から2018年10月26日までに転送されたメールが、第三者によって閲覧された可能性があり、これらメールには、学外および学内関係者1万1322人の個人情報が保存されていた。一部メールには、障害や病歴など含む個人情報が11件、パスポートの写しや金融機関の情報など含む個人情報が23件あった。

転送先のフリーメールで不正アクセスを知らせるアラート通知があり、ログイン履歴を確認したところ、不正ログインされたことが判明。今回の問題を受け、同大では対象となる関係者に謝罪している。

(Security NEXT - 2018/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
英語検定試験「TOEIC」の申込サイトに大量のログイン試行
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
保険会社2社の業務委託先より顧客データ約200万件が流出